ご予約受付時間 8:00~19:00 / 定休日 日曜日・祝日 (その他臨時休業あり)
〒630-8306 奈良県奈良市紀寺町672-12 0742-31-1261

ご予約・お問い合わせ

下半身の痛み

  • HOME
  • 下半身の痛み

シンスプリントについて

※ただいま準備中

足首の捻挫について

この度は当院のホームページをお読み頂き誠にありがとうございます。

自分の症状はどこで施術してもらえるのか?と言う疑問をお持ちの方がたくさん居られます。

 

当院では2011年開業以来のべ7万人を超える方々の様々な症状やお悩みに対して施術をさせて頂いております。

また、社会人アメリカンフットボールXリーグのアサヒ飲料クラブチャレンジャーズで2014年より5年連続でアスレチックトレーナー活動もさせて頂いております。

 

[足首のねんざ]の症状でお悩みの方も多数、施術させて頂きました。

[足首の捻挫]の症状でお困りの方へ当院の治療方針等について書きましたのでご一読ください。

 

当院の基本的な考えとして身体の不調や痛みは身体のバランスの崩れによっておこると考えております。

初回はまずご記入いただいた問診表を基にお話をお聞きしてからバランス検査をしてその結果を基に施術を行い、必要に応じて固定等も行います。

 

足首の捻挫とは?
運動中や歩いている時に足を捻って靭帯を傷める事を言います。

ほとんどの場合は内側に捻って外側の靭帯を傷める事が多いです。

ひどい場合は骨折を伴う場合もございますのでその可能性がある場合は病院を紹介させていただきます。

 

捻挫してしまった場合の応急処置方法は?

まずはRICE処置をしてください。

R-Rest(休息)

I-Icing(冷却)

C-Compression(圧迫)

E-Elevation(挙上)

アイシングをしながら弾性包帯などで圧迫して頂き、アイシングをしている間は心臓より高くなるように挙上しておいてください。

アイシングは約20分ほどして、その後は弾性包帯で圧迫しながら1時間おきに20分間のアイシングを繰り返し続けて頂き。

可能であれば病院もしくは接骨院等を出来るだけ早く受診して施術を受けて下さい。

 

当院の足首の捻挫に対する考え方

捻挫をすると痛みと腫れが出てきて体重をかけるのも痛みが出て大変なストレスになります。

捻挫は突発的に受傷したり、ジャンプして着地する際に人の上に乗ったり他の要因が原因で発生することもありますが、

単独で受傷する場合は身体のバランスが崩れて不安定な状態で動くことによっておこります。

当院では根本的な原因となっている身体のバランスを修正し再び捻挫しにくくするのはもちろん、バランスを修正することによって両足に均等に体重がかかるようになって傷めた場所への負担を軽減させることによって改善していきやすい環境を作ることを心がけております。

 

また、必要に応じてテーピング等で固定して傷めた状態でも運動が出来る様にサポートしたり、日常生活が送れるようにしていきます。

 

また、損傷部位が治癒した後は身体の軸を必要な部位に作っていき以前よりも身体が使いやすくなり

パフォーマンスが上がるような施術もご提案しております。

 

以前、捻挫をしてその際にきちんとした治療をせずに現在も違和感や痛みが残っている方

現在、捻挫を起こしてお困りの方やスポーツに復帰したが以前よりもパフォーマンスに不満がある方も

1度当院へお気軽にご相談ください。

本場アメリカで勉強してきて資格も取得してきた現役アメフトチーム専属アスレチックトレーナーでもある私が皆様のお力になります。

0742-31-1261

〒630-8306

奈良県奈良市紀寺町672-12

ひろ接骨院

自律神経失調症について

※ただいま準備中

手足の痺れについて

※ただいま準備中

こむら返りについて

※ただいま準備中

つちふまずの痛みについて

※ただいま準備中

かかとの痛みについて

※ただいま準備中

足裏の痛みについて

※準備中です。

足底筋膜炎について

※準備中です。

ぎっくり腰

ぎっくり腰になる原因として、大きく分けてふたつあります。
①身体のバランスの崩れによって筋肉に継続的に負担がかかり、ふとした動作で傷める。
②重いものを持つ、勢いよく起き上がろうとするなど急激な負荷がかかり傷める。

①の場合は、くしゃみや落ちたものを拾おうとして傷めたりもします。

どちらの原因で傷めた場合も、身体のバランスは崩れた状態になっておりますので、その状態を修正する必要があります。
また、筋肉も緊張することによって縮んで硬くなっているので、縮まなくていい状態にしてあげなくてはいけません。

傷めてすぐや、痛みがきつい場合はうつ伏せに寝ると痛みがきつくなる場合が多いので、
仰向けもしくは座って負担を軽減するために短時間で施術を行います。
痛みが軽減してきてからうつ伏せでの施術も行うようにしております。

痛みがきつく当店まで来ることが不可能な方は、昼休みもしくは通常施術終了後に往診での対応も可能ですので、一度ご相談ください。